多色なカプセル
  • ホーム
  • ラミクタール以外の抗てんかん薬とは

ラミクタール以外の抗てんかん薬とは

微笑む女性の医者

抗てんかん薬は、脳の神経細胞の興奮をおさえ他の神経細胞に興奮が伝わること軽減し発作の症状をおさえる作用があります。
そのなかでラミクタールは比較的新しい抗てんかん薬です。
躁鬱状態やうつ状態を改善する作用もあります。
ラミクタールは赤ちゃんに奇形が発生する報告がほとんどないので、妊娠中の方でも用いることが出来るのが特徴です。
抗てんかん薬のデパケン等は奇形性の報告があり、妊娠中の方は基本的に使用できません。

ラミクタールの他にも多数の種類がありてんかんのタイプに合わせて薬が処方されます。

カルバマゼピン(商品名 テグレトール)
部分発作型のてんかんに処方されます。精神症状を併発する場合に向精神作用が期待できる場合があります。
フェニトイン(商品名 アレビアチン、ヒダントール)
カルバマゼピンが無効な部分てんかんに用いられます。部分発作、強直間代発作(意識が消失し硬直を起こす発作)や抑制できない筋肉のひきつりがおこるミオクロニー発作などに使用されます。
フェノバルビタール(商品名:フェノバール)
部分発作、強直間代発作などに使用されます。神経を鎮め不安や緊張を和らげる作用があります。
バルプロ酸ナトリウム(商品名:デパケン)
特発性のてんかんに用いられます。
クロバザム(商品名:マイスタン)
バルプロ酸が無効な場合や特発性全般てんかんに用いられます。
ジアゼパム(商品名 セルシン、ホリゾン)
不安や緊張を和らげる効果のある薬です。他にも抗てんかん薬には多数の種類があります。

てんかんは継続的な治療と薬の服用が重要です。
自己判断で薬を減薬、断薬することは大きな発作を引き起こす要因になる場合があるため脳波や血液などの定期的な検査を継続的にすることが大切です。
信頼できる医師の元、自分の症状と使用している薬を理解し相談しながら減薬や妊娠を計画することが重要です。